FC2ブログ

9&10月の料理教室が始まりました。

2020.09.15.05:44

先日、9&10月のレッスンが始まりました。
「楽食kitchen」はお陰様で今月15年目に突入しました。
先日も、当初から来て頂いている方々と
昔話(開室当初)の話をして盛り上がりました(笑)
過ぎてみると、あっという間です。
過去の写真を見て、この時の自分は何を考えていただろうなんて・・・。
過去を振り返らない(笑)私ですが、
時々は足元を見つめなおして、後ろも見る時間を作らなきゃ。
来て頂いている皆様のお陰です。
これからも精進して参ります。宜しくお願い致します。

さて、今回のメニューは
鶏のトリミングからスタートです。
前回、豚肉のトリミングをレッスンしましたが
鶏のリクエストもあり、本来は鶏が先でしたね(汗)
それを使って山菜おこわ・鶏とネギのガリマヨ、
五目ハンバーグ・茄子のはさみ焼・水菜とじゃこのサラダ
ゴマドレッシングを作りますよ。
デザートは生シフォンケーキです。カルピスクリーム入り。
結構あっさりしていて、男性に人気のスイーツです。
冷やして食べても美味しいのです(冷凍も出来ます)
IMG_6468.jpg

これはアプリで撮った写真
IMG_6470.jpg
なんか、白っぽいかな?

こんな感じで秋を感じて頂きます。

そして!!!大事なお預かりしていたひよこ豆味噌。
お迎えに来て頂いて、続々と親元!?に返還です。
その後、凄く美味しかったと好評です。
半年間、お迎えに来てくれるのを待って
お利口に美味しくなっていたんですね。ウフフ
秋の食材と一緒に、とりあえず味噌汁でお召し上がりください。
その味の違いがすぐに分かります。

こんな時期だらこそ、きちんと食事をとりましょうね。
そして、少しだけ動き、少しだけ上を向いて、笑って過ごしましょう。
スポンサーサイト



味噌の開蓋式

2020.09.10.05:30

「開蓋式」という言葉があるかどうかもわかりません(笑)

先日、チームGのメンバーに集合を掛け
フルメンバーで皆様からお預かりしている
ひよこ豆味噌の開蓋式を行いました。
本来は全ての工程は皆さんがレッスンに来た時に行う予定でしたが
コロナでそれも叶わず、先に済ませました。
開蓋→カビ取り→計量→袋詰めの作業です。
IMG_6404.jpg
凄いカビでしょ?マスクはもちろんですが、吸い込み注意。

スタッフは4名、味噌は約50人分。
まぁ、余裕のよっちゃんで1時間もありゃあ終わる・・・と思っていましたが
なんのなんの、全員無口で作業して2時間強。
どっと疲れた!って、皆さんの方が疲れましたね。

実はスタッフのうちお1人が転勤でいなかったため
フルメンバーは3年ぶりの再会でした。
それでも昨日も会ったような会話の始まりでした(笑)
全く違和感なく、お喋りの始まり。
IMG_6409.jpg
お手伝い頂いた方々にお昼ご飯です。
本当にお疲れ様でした。有難うございました。

お味噌は全て出来上がっています。
カビの多さで多少の多い少ないはありますが
現在冷凍冷蔵で静かにお迎えを待っています。
まだお返事を頂いていない方々は、
恐れ入りますがお返事をお待ちしています。
早くしないと、破棄・・・せず私の口に入ります(驚っ!)
宜しくお願い致します。

お弁当のご注文

2020.09.07.05:57

お陰様でお弁当のご注文が順調です。
なるべく手間をかけたものを作りたくて(変でしょ?)
食材選びに夢中になります。
例えば、今は茄子が最盛期なのですが、同じ料理だと飽きるので
形や味を変えるとか、干物にするとか。
リピーターの方も多く、「またかっ!」って事にならないように(笑)
考えていますが、めちゃくちゃ楽しい。
IMG_6398.jpg
今回は焼売。椎茸とチンゲン菜バージョン。
どちらとも味は違いますよ。
IMG_6400.jpg

IMG_6402.jpg
この日は10個のご注文(はい、限界です)
向こう側に見えるのはおこちゃま用。
この日は新米を入手したので珍しく白米です。
おかずはサツマイモの茎の煮物を入れました。
カボチャのいとこ煮・肉じゃが・茄子味噌・蕗味噌
豚ヒレと野菜の炒め物・おくらの赤みそ和えなどなど
野菜はほぼ我無農薬野菜たち。食材は25オーバー。
お菓子はココアフィナンシエ。
この日も頭にシャワーキャップをかぶって(笑)
首にタオルを巻いて作りました。
突然のピンポンは・・・出られません。

その後、お弁当を召し上がった方からメールを頂き
「サツマイモの茎」で夫婦の会話が弾んだなどのお言葉を頂き
まさに私のねらい目通りで嬉しくなります。
この時は「みんなの食育」と題し、説明書きを添付しました。
「いとこ煮」しかり、白米の説明しかりです。
自分の食べるものの出先を知るって大切ですよね。
市販のスーパーで売られているものの殆どは
産地表示はあるものの、生産者までの表記はありません。
料理名も書いてあっても、それを知っている方がどれほどいるか。
昔からの母や祖母からの伝統料理をお伝えしたいと考えています。
昔のものの全てが良いと言ってるわけではなく
伝えなきゃいけないものを伝えたいと考えます。

あとは捨てられている食材の利用方法。
災害時に食べられる食材を知っているかいないかで
生きられる時間は格段に伸びます。・・ような気がします。
普段の自然の中にも食べられるもの・・、結構ありますよ。
保存食・乾燥食物など時間がある時に作っておくことを
お勧めしたいと思います。

販売目的でお伝えしている訳でなく(笑)
お弁当についてですが、主婦の方が、
お弁当のテイクアウトについて少しの後ろめたさがあるならば
例えば隣の晩御飯的な感じで、
他の家庭はどんなものを食べているのかを知る機会が少なく
ましてや自粛自粛でずっと晩御飯を作っているときに
1~2回他のご飯を食べるって、悪い事でしょうか?
あくまでも販売向上目的ではありませんので(笑)誤解なく。
普段の料理のヒントになれば・・という思いと
季節の野菜を感じるようにという思いでお作りしています。
カロリーなどもざっくり計算していますので、
安心してお召し上がりください。
アレルギー対応は出来ませんのでご了承ください。

お弁当の時間

2020.08.25.05:18

そんなタイトルの本があります。
それが大好きで、他人のご飯やお弁当が覗けるんです(笑)
背景にあるお話も伺えて、とても面白い本です。

最近、お弁当の販売も始めていますが
当初の予想よりもご注文が多く有難いことです。
自分が作ったお弁当や総菜を喜んで頂けて
さらにお金も頂ける(笑)
レシピもいらないし、作りたいものが作りたいように作れる。
その代わり、絶対的に衛生面や素材の部分は重要です。
毎度シャワーキャップをかぶって、
突然のピンポンには応えられない恰好(笑)
IMG_6278.jpg


通常のお弁当との違いは
まず各ご家庭で召し上がるので、味は薄め。
これが外に持ち出す場合は若干味を濃くします。
濃く・・といっても多分皆さんにとっては普通です。

作り置きなどはせず、必ず当日の朝に仕込んで
時間を逆算させて、冷ましてお渡しします。
衛生面や食中毒には細心の注意を払っています。
メニューは毎回記録を残し、万が一の時も
どの段階かを追えるようにしてあります。
HACCPという衛生管理マニュアルも実践し
考えうることは全てやっています。
それはレッスンやカフェの時も同じです。
美味しく召し上がって頂けるように
賞味時間はめっちゃくちゃ短いです。

料理もずっと作っていると
それ自体が体の一部!?みたいになり
冷蔵庫の食材で何を作ろうか考えるのも本当に楽しいです。
慣れ・・・だと思います。

今後もその慣れが、惰性にならないように
1回全力投球でお作りします。

ジビエ惣菜のご注文

2020.08.17.05:19

先日、カフェに来て頂いた方に「ジビエ惣菜」をご注文頂きました。
カフェに限らず、友人・知人には私の狩猟肉をお金を発生させないで
提供が出来ます。知り合いに食べてもらう・・・的な。
レッスンでも犠牲に!?あっ、いやタイミングが良ければ
一切れ二切れ味見をして頂いたりしています。
その中でヒットするときもありますし、はずれの時もありますが
あまり食べなれないものですが、貴重な体験でもあるので
強制ではなく「いかがでしょうか?」みたいに。

その中でヒットした肉をご注文頂くと
それこそ仕入れて販売するのですが
今回は我会社から仕入れました。
IMG_6224.jpg
夏鹿です。パッケージも可愛いでしょ?(自画自賛)
神奈川県産の鹿肉です。今回はもも肉を購入。
ローストベニソンのご注文でしたので、3本ご用意しました。
もも肉は筋も多く、綺麗にトリミングして・・・・
し過ぎて小さくなっちゃった(汗)アハハ
その他に前回レッスンで好評だった「玉ねぎドレッシング」も
2本ご注文頂きました。
自分が作ったお弁当や総菜を喜んで頂いて
しかもお金が頂けるってすごい!
美しさを求めると廃棄の部分が多いのですが
そこは廃棄せず、味見として、形も変えて私の胃の中に入ります(笑)
美味しいだけではなく、まずいも私の次の活力になります。
ご意見を頂けるととてもありがたいですし、
言いやすい環境作りにしていこうと思います。

調子に乗りやすい性格はお試しも凄くて
IMG_6225.jpg
猪のBBQ焼き
IMG_6223.jpg
猪のリエット
IMG_6222.jpg
鹿レバーと猪レバーの蒸し物
食べ比べをしました

これを出すとさすがに「レ・レ・レバー!?」と怪訝そうな顔をされる方や
むしゃむしゃ食べる方もいて(笑)その差がまた面白いです。
食わず嫌いも良いのですがとりあえず一口食べてみて
「あ~、やっぱりだめ」とか、「案外食べられる」とか
そんなご意見も伺いたいです。
HPが出来ました
HPへのリンク
プロフィール

raku

Author:raku
横浜の自宅にて料理・ケーキ・パン教室を開いています。誰にでも作れるもの、食材は近くで手に入る物を使います。旅行が好き、食べる事が好き、好奇心いっぱいです!日々の出来事などをご紹介します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR